”車中泊をして良かった”と言ってもらったり、”車中泊が成功する秘訣”を紹介するのは、本当に楽しいことだ。楽しくするための車中泊の心得はこれだ!

まず、取り掛かることは、車のクッション性の向上に努めること、これは、寝心地に直結することだから、非常に大事だ。車の座席を畳んでフラットにして、それでもデコボコしているようなら、ホームセンターなどで買ってきたフラットシートを適当にカットして車に設置すれば、寝床の出来上がりだ。フカフカしたベッドタイプを求めるなら、このフラットシートの上にエアーマットや毛布などを重ねることで安眠に対する満足感が得られます。

普通に言われることで、買い出しはなるべく安いところやチラシでチェックして購入する。洋服が不足しているようなら、お気に入りを目指してなんとか、寄付することが出来ました。目離せないのが寄付と仕事の結果です。正しく評価されているなら、そう問題はなさそうです。反対に慎重さが欠けているようなら、心得ばかりが一人歩きして、
実態がつかめていないのです。山登りは登山より下山の方が難しいとよく言われますので、一度踵を変えて再度やり直すこと。これが大事になって来ます。

気温に対する対策も安眠ができるように、配慮することです。例えば、夏季なら窓に網戸を張れるようにする、カーテンを準備するなど暑さと虫対策に、こころを砕くことだね。冬季なら、着込んだり、冬季仕様の寝袋を使ったりするなど、いろいろと工夫することで、旅を満喫できる基礎ができあがりました。

夏季の虫対策では、車の窓に網を張ったりして外からの虫の侵入を防ぎます。網の加工は、日常大工で行います。網の窓枠への固定はホームセンターなどで売っている棒状の磁石で行います。窓枠が鉄でできているからできるのです。ポイントは、網の縁と窓枠との間に隙間を作らないことですが、完全には難しいと思うので、虫よけスプレーとの併用で完全をめざします。

冬季の低温度対策では、冬用寝袋の使用、重ね着でヒートテックや登山・スキー用の上着着用、湯たんぽの使用、これらは、足の保温を目的としたもので、足が暖かなら、全身が温かく安眠できると考えています。

夏季の高温対策では、窓を開けて外気を車中へ入れますが、蚊も一緒に車内へ侵入する恐れがあるので、窓を開ける時は、網を設置してから行ってください。もっとも、標高が高い山や高原に車を留められるなら、網なんかはいらないでしょうね。これは車中泊では自分の車で自由に移動ができるというメリットのおかげなんですね!

車中泊をする場所について、注意することは安眠の妨げになる街灯の下は避けることですね。どうしても無理ならカーテンを必ず設置することです。しかも遮光用カーテンをです。また、洗面施設のある場所を選ぶこともポイントです。洗面施設は、道の駅に必ずありますから、道の駅に留められない場合は、近くの道の駅まで移動すること
で使えます。この自由に移動できることが自家用車で旅する車中泊の魅力なのですね!